審査落ちする人の特徴ってあるんですよ

お金を借りる契約をする2人

 

審査落ちする人の特徴について考えてみました。

 

審査落ちする理由として真っ先に考えられるのが、他社借り入れの有無です。

 

 

他社借り入れの有無

すでに他の金融機関からお金を借りている場合、新規の借り入れは厳しくなる傾向にあります。

 

というのも少し前に総量規制が改正され、年収の3分の1までしか借り入れすることができなくなったのです。

 

つまり他社借り入れがある場合は、残っている返済額を差し引いた残額しか借りれないということになります。

 

消費者金融は総量規制の対象になるので、年収の3分の1まで借金があればお金を借りることができません。

 

また、総量規制対象外の銀行カードローンならば申し込めますが、結局は他社借り入れがあると厳しい審査になります。

 

 

年収が低い

年収が低い人は借入総額自体も少ないことから、新規借り入れを申し込んでも審査落ちてしまうことが多いのです。

 

例えば年収300万円の人ならば、借金できるのは100万円までです。

 

すでに50万円他社から借り入れをしていれば、新規に借りれるお金は50万円までとなります。

 

年収が増えれば借りれる限度額も増えていくのですが、そうそうすぐには年収が増えることはありません。

 

しかし年収が低くても、公務員や大手企業の正社員なら安定した収入が見込めるということで限度額は変わらなくても金利は低くなる可能性があります。

 

 

過去に返済トラブルがある

これもよくあるケースですが、年収が1000万円ぐらいであってもローン審査に通らない人がいます。

 

そういう人は過去に返済事故や遅延・滞納などを起こしたことがある人です。

 

それらのデータは信用調査機関の情報として保存されています。

 

新規で借り入れを申し込んだ場合は、金融機関は CIC などの信用調査機関にその下の信用状況を確認します。

 

その時に職業や年収に問題がなくても、過去に返済トラブルがあった人は審査落ちしてしまう可能性が高いです。

 

今は年収が良くても、安定性がないと判断されたり、同じトラブルを繰り返してしまうかもしれないと思われるからです。

 

金融機関にとって、返済が滞るのは絶対に避けたい事です。

 

そのためできるだけ安全な人にしかお金を貸そうとしません。

 

 

お金を借りれるということは、ある意味社会的信用があるということです。

 

審査落ちするということは社会的信用がないということなので、できればお金を借りずに借金する理由を見直したほうがいいかと思います。

 

堅実に暮らしていると社会的信用も回復されるので、その時が来るまで大きな買い物やお金を借りることは我慢しましょう。